逆SEO対策概要

逆SEOとは

逆SEOとは、通常のSEOとは異なり、「会社名」「商品名」など企業のブランド名でキーワード検索を行った際に、検索エンジンの検索結果にネガティブなサイトを表示させないようにすることで、企業ブランドを守る検索エンジンマーケティング手法です。

逆SEOは、「リバースSEO」とも呼ばれます。一般的なSEO(検索エンジン最適化)は、特定のWEBサイトの検索順位を上げることで、検索ユーザーへの訴求を目的とするものに対して、逆SEOは、特定のWEBサイトの検索順位を下げることで、検索ユーザーへの訴求を阻止することを目標とします。

逆SEOを行う目的

逆SEOを行うことで、特定サイトの検索順位を下げて、検索ユーザーの目から遠ざけるのですから、通常のSEOのように特定サイトへの集客を目的としたものではありません。逆SEOは、特定サイトへの集客を阻止するための施策であり、検索ユーザーに特定サイトを閲覧させないために行われるのです。

逆SEOは、検索対象となる法人や個人に纏わるネガティブ情報を検索ユーザーが目にすることで、当該法人及び個人に関する悪いイメージが拡散されることを防ぐことを目的にした施策です。

検索ユーザーに見せたくないネガティブ情報

逆SEOを行うことで、検索ユーザーに見せたくない情報には、特定の法人及び個人に関する「誹謗中傷」や「機密情報」などがあります。

法人であれば、企業名で検索した際の検索結果に、当該企業が提供しているサービスや商品についての消費者からの悪い口コミ記事や従業員の会社に対する不満記事などが上位表示されていたら、当該企業について検索する検索ユーザーに対して計り知れない信用棄損を与えることになります。

個人であれば、実名検索された際の検索結果に、個人情報や過去の知られたくない情報などが上位表示されていたら、就職活動や賃貸契約といった社会活動に支障を及ぼしたり、実被害(リベンジポルノ等)に遭う危険性もあります。

ネガティブ情報の拡散媒体

企業や個人に関する誹謗中傷などのネガティブ情報は、匿名性の高い媒体を通じて拡散されます。代表的で有名な媒体に匿名掲示板「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」や「ヤフー知恵袋」があります。どちらも大きな集客力のある(検索上位表示されやすい)メディアです。「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」は会員登録不要で、誰でも簡単に匿名投稿が行えるために、誹謗中傷の温床になっています。「ヤフー知恵袋」の場合も、ヤフーへの無料会員登録が必要なものの、本人確認もなく匿名(偽名)で会員登録できて、認知度の高い知恵袋への投稿が匿名で簡単に行うことができるので、知恵袋の本来の趣旨から外れた、誹謗中傷を目的にした投稿が後を絶ちません。

検索ユーザーは検索結果何ページ目まで閲覧するか

企業名や個人名で検索した際に検索結果上位に表示されているネガティブサイトを検索ユーザーの目から遠ざけるには、当該ネガティブサイトの検索順位を下層ページへと引き下げることになります。現在、検索ユーザーが使用するデバイス(端末)の多くがスマートフォン端末です。PC端末で検索する場合と比して、スマホ端末で検索する場合は、大抵のスマホ検索ユーザーは検索結果1P目(10位内)か、せいぜい2P目(20位内)しか閲覧しません。ある統計では3P目(21位以降)まで見る人は、全体の10%以下というデータが出ています。

逆SEOの重要性

検索結果1P目(10位内)にネガティブサイトが表示されていれば、嫌でも検索ユーザーの目に留まります。例えば、「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」掲示板に企業や個人に関する誹謗中傷記事が掲載されている場合において、ユーザーはダイレクトに2ch(5ch)掲示板を訪れることはなく、検索エンジンの検索結果を通じて、当該2ch(5ch)掲示板を訪れます。2ch(5ch)掲示板を直接閲覧するユーザーは、誹謗中傷書込みを行っている人物か、誹謗中傷を書かれている当人くらいなものです。企業や個人なりを調べようとするユーザーは、必ず検索エンジンを通じて、種々のサイトを閲覧します。

検索エンジンの検索結果上位に2ch(5ch)掲示板サイトが表示されていたら、逆SEO対策を施して、当該2ch(5ch)掲示板サイトの検索順位を下層ページに押し下げ、検索ユーザーの目から遠ざける必要があります。

2ch(5ch)掲示板などネガティブサイトの検索順位を押し下げるために、逆SEO対策は必須の施策になります。

逆SEO対策の専門会社

年間300件以上の逆SEO対策実績の専門会社はコチラ
reverse-seo.adc-system.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする