日本でのYahoo検索エンジンのシェア

上記は、2017年から2018年にかけての日本における検索エンジンのシェアを表しています。日本では、60%がGoogle検索エンジン、30%がYahoo検索エンジンを利用しているのがわかります。PCとスマホの両方で比べても、やはりGoogle検索エンジンが圧倒的に利用されています。

このように検索エンジンの利用という側面だけを見れば、圧倒的にGoogleなのですが、サイト全体の利用者としては、日本ではGoogleよりYahooの方が大きく上回っています。

TOPS OF 2016: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2016年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表~

– 2016年PCからの利用者数1位は「Yahoo!」で、2位より1,200万人多い3,412万人が利用

http://www.netratings.co.jp/news_release/2016/12/Newsrelease20161220.html

日本のYahooの場合、ニュースやショッピング、知恵袋、オークションなど様々なサービスが提供されているため、必ずしも検索だけを目的にYahooを利用しているわけではないためです。

Yahooを利用する国内ユーザーの存在を考慮すると、Google検索と同程度、いやそれ以上にYahoo検索から発信されるネガティブ情報の拡散に対処しなければなりません。

逆SEO対策の専門会社

年間300件以上の逆SEO対策実績の専門会社はコチラ
reverse-seo.adc-system.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする