逆SEOと企業の誹謗中傷など


皆さんお久しぶりです

今回の逆SEO対策について解説は逆SEOと企業の誹謗中傷などということで逆SEOと企業の誹謗中傷などを話します

最近では、インターネットの匿名性を利用し、企業様を誹謗中傷する内容の掲示板への書き込み、ブログの記事などによる風評被害のご相談が後を絶ちません。そこでそのような言われも無い誹謗中傷に晒されている企業様の被害を最小限に食い止めるため、逆SEOを行います。

風評サイトを下げる為には、通常10〜15サイトを風評サイトより上位表示させなければなりません。そこで上位表示しやすいオリジナルサイトを多数作成していきます。施策方法は、ユーザーに閲覧されても問題のないWEBページを上位表示させることにより、相対的に誹謗中傷のWEBページを下位に落とします。誹謗中傷サイトよりも下位にあるサイトの中から適切なサイトを選び、それらのサイトを上位ヒットさせ、風評サイトを下げていきます。もし、上位ヒットさせるサイトが少ない場合は、いくつかサイトを制作し、それらのサイトにSEO対策をします。検索結果2ページ目まで閲覧するユーザーは全体の1%未満と言われていますので、11位以下まで順位を押し下げることができれば、ユーザーの目にはほとんどとまることはありません。
YahooやGoogleなどの検索エンジンで、社名で検索したときに、上位ヒットしてくる誹謗中傷サイトを、11以下に押し下げるのがSEO対策です。逆SEOには、いくつかのメリットがあります。新規顧客との営業機会損失を防ぎます。ブランドイメージを回復させます。求人や代理店募集、株主総会の前などの、イメージダウンを防ぎます。PRサイトを上位ヒットさせることによって、売り上げアップにつながりやすくなります。

とはいえ誹謗中傷サイトを下げているだけなので根本的な解決にならないということだけは注意してください。

 

“逆SEOと企業の誹謗中傷など” への1件のコメント

  1. 33 より:

    逆SEOでイメージ回復はどのくらい時間かかりますか

コメントをどうぞ