逆SEOでの損失防止など


どうもこんにちは

本日の逆SEO対策について解説は逆SEOでの損失防止などを話そうと思います

社名で検索した際、検索結果の1ページ目にネガティブな内容の掲示板やブログが表示されることがありませんか?
社名やサービス名、商品名などブランドキーワードでの検索結果にネガティブサイトが含まれてしまうことは企業のブランド価値を低下させるだけではなく、顧客や取引先、ユーザーからの信頼を失い、売上の減少などにもつながる恐れがあります。

またYahooやGoogleで個人名や会社名で検索した結果ページに、ネガティブなサイトが上位表示されている状態なので、残り続けるとその分だけ損失がどんどん大きくなります。

逆SEO対策は従来のSEOの発想とは異なり、検索結果に表示されるネガティブなサイトを2ページ目以降に落とし、ポジティブなページのみが表示されるようにします。

また逆SEOでは指定の検索キーワードの検索結果上から非表示にすることも可能です。

とはいえやはり元のサイトを落とすだけだといずれまた上位に上がる可能性があるので削除をしていくことが賢明です。

 

“逆SEOでの損失防止など” への1件のコメント

  1. より:

    逆SEOで下げた場合どのくらいまで下にとどまるんですか

コメントをどうぞ