インターネットと逆SEOのこと


どうも皆さんこんにちは

本日の逆SEO対策について解説はインターネットと逆SEOのことなんでインターネットと逆SEOのことについて説明しましょうか

近年、インターネット及び携帯の掲示板やブログなどで、特定の企業などがその営業行為、商品、サービスなどについて誹謗中傷を受け、企業イメージなどが損なわれるという風評被害が多発しています。
インターネットの風評被害は、企業の顧客が閲覧する可能性があり、その企業の商品購入やサービスの利用中止、または、金融機関が閲覧し、融資を差し控えることも考えられます。
こうした、情報の発信が企業やメディアだけでは無く、顧客、社員、会社関係者からも容易に行えます。
また、インターネットの風評被害に対する対策を間違えるとさらなる被害へと誘発し、事態の収拾がつかない状態へと広がる可能性があります。
インターネット時代の本格化により、誹謗中傷などの風評被害以外にも新たなリスクも数多く発生しており、逆SEO対策などが必要になってきています。

また最近だと掲示板以外でも

●メールマガジン  ●企業・個人HP、ブログ ●SNS
●新聞系・TV系・ポータルサイト系ニュース●学校裏サイト ●その他

などといったところでも誹謗中傷が増えているので注意がいりますね

 

 

“インターネットと逆SEOのこと” への1件のコメント

  1. 11 より:

    逆SEOで下げたサイトを企業の顧客が閲覧することてあるんですか

コメントをどうぞ