逆SEOに必要なもの


どうもお久しぶりです皆さん

今回の逆SEO対策について解説は逆SEOに必要なものなので逆SEOに必要なものを説明します

逆SEOとは、社名等で検索したとき、YahooやGoogleなどの検索10P結果に、上位ヒットしてくる風評サイトを、11以下に押し下げるサービスです。
基本的な逆SEOの方法は、風評サイトよりも下位にあるサイトの中から適切なサイトを選び、それらのサイトをSEOの技術で上位ヒットさせ、風評サイトを下げていきます。
もし、上位ヒットさせるサイトが少ない場合は、いくつかサイトを制作し対策します。
ただし、逆SEO対策の方法は、検索キーワードや表示されている風評サイトによって異なりますので、状況を詳しく診断し、削除、押し下げ、差し替え等のさまざまな方法を使います。

逆SEO対策のために検索結果の上位の風評サイトを2ページ目以降に押し下げるためには、通常15〜30程度のサイトが必要です。
上位にランクアップさせるサイトが少ないときは、逆SEO対策会社が制作をサポートします。
その際、文章や写真は用意していることになりますが、逆SEO対策会社で代行するサービスもあります。

 

“逆SEOに必要なもの” への1件のコメント

  1. 22 より:

    逆SEOに必要なサイトて多いんですか

コメントをどうぞ