逆SEOと風評被害など


皆さんこんにちは

今日の逆SEO対策について解説は逆SEOと風評被害などなんで逆SEOと風評被害などを説明しましょう

最近よく聞かれる言葉「風評被害」。人ごとだと思っていませんか?
検索エンジンが情報収集に有効なツールとして認識されている昨今、企業に興味を持つ人は、必ず検索エンジンで「企業名」を検索します。そのとき偶然、誹謗中傷サイトを目にしてしまうと、せっかく貴社に興味をもっていたユーザーが商品購入や仕事の依頼をためらってしまう恐れがあります。
また、誹謗中傷サイトをそのまま放置しておくと、それを読んだユーザーがさらに悪評を広めてしまう危険性が高く、業績悪化につながりかねません。

逆SEO対策では誹謗中傷サイト以外で上位表示されているWebページに対して、対策キーワードを含んだテキストリンクを貼り、ユーザーに閲覧されても問題のないWebページを上位表示させることにより、相対的に誹謗中傷のWebページを下位に落とします。
通常、検索結果2ページ目まで閲覧するユーザーは全体の1%未満と言われていますので、
11位以下まで順位を下げることができれば、ユーザーの目にほとんど留まることはありません。SEO対策を施したサテライトサイトを新たに作成し、上位表示させることで、誹謗中傷サイトの順位を下げます。ポジティブな内容の記事が自然と目に留まるようになり、新たな顧客の獲得につながります。また、継続的な更新による検索結果最適化を施すことで、いつ出現するかわからないネガティブサイトによる検索結果の上位表示を阻止することも可能です。

 

 

“逆SEOと風評被害など” への1件のコメント

  1. 33 より:

    逆SEOてポジティブな内容の記事をあげることにも役立つんですか

コメントをどうぞ