逆SEOの緊急性


皆さんご無沙汰していますね

今回の逆SEO対策について解説は逆SEOの緊急性なので逆SEOの緊急性について話します

ネットの誹謗中傷の書き込みは企業・個人に問わず非常に深刻な社会問題となっています。インターネットを広告の場とする企業の場合は急激な業績の悪化や、社員雇用への影響、個人の場合は自殺へ追い込まれるような悩みに発展していきます。またYahoo!がGoogleの検索エンジンを採用したことで、ブログ等の風評サイトが自社の直ぐ下にランキングされ困るケースが増えています。
この場合は、逆SEOを使い風評サイトと同じブログサイトを作成する方法で対策を行います。
風評ブログの更新頻度、ページランク等によって非常に難しい場合もありますが、時間をかけて登録をかさね、風評サイト以上の評価に達した場合には、差し替えが可能です。またYahoo!知恵袋等のQ&A投稿サイトに風評が出る場合は、比較的短期間に上位化し大変目立ちますので注意が必要です。逆SEO対策で重要なのは風評サイトやQ&Aなどは時間が経つ程、seo的に強くなっていくので早めの対策が必要です。

 

“逆SEOの緊急性” への1件のコメント

  1. 42 より:

    逆SEOて時間が経つと難しくなるんですね

コメントをどうぞ