逆SEOと悪評の広まりなど


どうもこんにちは、本日の逆SEO対策について解説は逆SEOと悪評の広まりなどを説明します。

会社やサービスをインターネットで検索すると、その会社の作った紹介ページの下に風評被害や誹謗中傷のページが掲載されていることがよくあります。そんな情報がある会社と取引したいでしょうか、サービスを利用したいでしょうか。たいていの人は「大丈夫なのか?」と、利用を控えようと思うのではないでしょうか。このような、企業にとってマイナスな情報が人目につかないように検索順位を落とす方法が逆SEOです。

個人でもブログや掲示板などを利用して情報の発信が行える時代ですし、インターネットを活用して情報収集をするのは常識です。「評判」、「口コミ」、「評価」などが検索候補にのぼるくらい多くの人が、このようなキーワードを入力しているのです。

昔から、火のないところに煙はたたないと言われています。しかし、その評判やクチコミが真実なのか虚偽なのかは関係ありません。みなさん、失敗や損をしたくないので、悪い情報が書かれている企業とは関わりたくありません。商品も買いたくありません。私も「○○株式会社は詐欺だ」と書かれた記事を見つけてしまったら、まず警戒しちゃいますし、出来る事ならば関わりたくありません。

もし風評被害を受けているとしたら、企業は信用・ブランドを失い売上が激減していしまいます。最近では、就職活動中の学生が掲示板の「ブラック企業」という書き込みを理由に採用の辞退が続出しているケースもあるようです。

特にニュース配信された記事は、個人の悪口よりも広くマイナスの情報を流します。

逆SEOで悪評の広まりを一時的に抑えることは可能です、というよりそのための逆SEO対策ですしね。

ただ上にも書いたニュースなどに載った記事などはイメージダウンを抑えるのにはかなり困難だと思います。

 

“逆SEOと悪評の広まりなど” への1件のコメント

  1. 222 より:

    逆SEOてニュースなどの事件とかは難しいんですか

コメントをどうぞ