逆SEO対策と検索エンジン登録


どうもお久しぶりですね

今回の逆SEO対策について解説は逆SEO対策と検索エンジン登録などを説明します

アクセス解析を見ていて気付いたのですが、
意外に自分のサイトを検索エンジンに登録させない方法を求めている人が多いようです。
知り合いも高校、大学との友人間の繋がりを保つためのサイトを持っていますが、確かに、外部の人間に余り知られたくない事もあるし
そういった意味では、自分のサイトを検索エンジンに載せない方法は重要です。
何せ、グーグルなどはキャッシュで半永久的にウェブサイトそのものが保管されてしまうので、
それを避けるためにも、自己防衛の策として知っておく事は大切です。

そこで役に立つのが以下の知識です。

☆クローラーに収集させない方法
<meta name=”robots” content=”noindex, nofollow”>
クローラーに対して、そのページとリンク先のページの収集を「許可しない」という指定です。

ちなみに、逆に収集を許可するには、

★クローラーのデータ収集を許可する
<meta namerobots” content=”index, follow”>

そのページとリンク先ページの自動収集を「許可する」という指定です。
まあ、特になくてもクローラーはデータ収集を行いますが、
立ち上げのサイトなどで、なるべく早くインデックスさせたい時はindexを付けておきましょう。

逆SEOでもそうですが検索に登録されているサイトを下げることもそうですが載せないようにすることも大切です。

とはいっても逆SEOでサイト自体をどうこうはできないので他の方法で順位を下げることをしていくことになりますね。

“逆SEO対策と検索エンジン登録” への1件のコメント

  1. 22 より:

    逆SEOて間接的に除外させるんですか

コメントをどうぞ