逆SEO対策を見直す


ご無沙汰していますね

今日の逆SEO対策について解説は逆SEO対策を見直すを説明していきます

インターネット上の風評被害が拡大し、大きな問題になっています。個人的誹謗中傷、同業他社のいやがらせ、内部告発、ニュース等の情報が企業イメージを大きく傷つけています。
採用応募数の減少、内定辞退等、大きな被害が出るケース
関係企業、監督官庁や金融機関等に対して、信用を大きく損ねるケース
マスコミに取り上げられて、被害が拡大するケース
社内の雰囲気が悪くなり、社員のモチベーションが大きく下がるケース

ネットの評判の管理とは、企業イメージのマネージメントであり、リスクのマネージメントでもあります。自社名やサービス名で検索して、関連検索ワードと検索結果の30位までを定期的に見てください。インターネット上の風評の監視は、自社名やサービス名で実際に検索して以下の様なサイトやブログがないか

2chサイト、2chのコピーサイトの風評
ブログサイトの風評
その他、風評サイト
教えてgoo、Yahoo!知恵袋のQ&A掲示板の風評

つまり逆SEOを行う前に定期的にこういうチェックが必要なんですよね。

逆SEOを行う際に確認していくところはしっかりしておきましょう。

“逆SEO対策を見直す” への1件のコメント

  1. より:

    逆SEOてあらかじめサイトの確認とかもしていた方がいいですね

コメントをどうぞ