逆SEOと社名の関連など


こんにちは

今日の逆SEO対策について解説は逆SEOと社名の関連などを語りましょうか

逆SEOは、インターネットでの風評被害の対策のために、会社や個人を誹謗中傷するサイトを、検索順位を下げることにより目立たなくすることを目的として行います。社名や個人名などのキーワードに関連した内容を持つ、良質なサイトを多数作り、それにより相対的に、誹謗中傷サイトの検索順位を下げるのです。
風評被害の実際の例として多いのが、社名で検索すると、会社やその会社の商品・サービスについて、問題のある記述のあるブログや掲示板が、検索の上位を占めてしまうということがあります。そうなってしまうと、その会社の商品を買おうとしていた人が、問題のあるサイトの記述を見てしまい、買うのをやめてしまうかもしれません。また会社のブランドイメージも低下することになってしまいます。
また社名で検索すると、社名+「ブラック」や、社名+「詐欺」などの、マイナスイメージのある単語が、検索結果表示ページの上部に現れてしまうということもあります。これも当然、イメージはよくありません。
誹謗中傷サイトをそのまま放置しておくと、その情報が別のサイトに転載され、風評被害が拡大してしまうということとなるのです。ですから誹謗中傷サイトが発見されたら、適切な逆SEO対策を講じなければなりません。

“逆SEOと社名の関連など” への1件のコメント

  1. 113 より:

    逆SEOは社名が含まれると必要なんですか

コメントをどうぞ