逆SEOの手法など


こんにちは

今日の逆SEO対策について解説は逆SEOの手法などなんで逆SEOの手法などを説明します

インターネット上で起きる、「情報漏洩」 「誹謗中傷」 「風評被害」 「荒らし・炎上」 「クレーム・苦情」 「社員・退職者の書き込み」 などにより、ネット上で大きな被害をうける企業様が増えています。
インターネット利用者が増加し、誰でも簡単に情報発信できるようになった昨今では、企業の評価がネット上の情報により左右されることが少なくありません。
ブログやSNSの拡大や発達により、悪い噂は、広まりやすい傾向があります。 ネット上への情報流通は、伝播スピードが速く、膨大な量に増殖する可能性があり、小さなきっかけで、掲示板やブログの炎上へつながることが見受けられます。予測が難しい、ネット上の動向への対策としては、ネット上の情報を常に企業とて把握しておくとともに、有事に備え、あらかじめネットリスク対策をしておくことも大切になってきています。企業のリスク情報は、検索サービスの結果ページに上位表示され、多くのユーザーにさらされることになります。ネット上での評判の管理ができていないと、せっかく築きあげた企業や商品ブランドイメージを失墜し、人事採用への悪影響や、多くの経済的な損失につながり倒産に追い込まれる恐れもあります。

逆seoの手法としては検索エンジン(google)へ、除外してもらうように申請する、関連するページを量産して、検索除外したい対象のサイトの順位を下げるなどがあります。

前者はgoogleなどの検索エンジンを提供している会社へ、悪評が掲載されているサイトを「有害なサイト」として申請するものです。こちらで申請が通れば、悪評を掲載しているサイトを検索結果から除外する事ができます。
ただし、AB社の「ABC商品」が風評被害に合った場合の例を、上記で記載しましたが、本当に「ABC商品」が「あまり良い商品ではなく」、ブログに書かれた「ABC商品」への悪評も、「ちゃんとしたユーザーの評価」として認められれば、申請しても除外されたり、順位が下がったりするような事にはならず、申請が却下される可能性はあります。
あくまで、このような申請の制度により、検索結果から除外する方法は、申請が「真っ当」で、「正当性がある」場合に可能な方法となります。後者は「A」というキーワードで検索すると、「悪評の書かれたサイト」が1番にでてくる場合、
「「A」というキーワードで検索すると検索結果にでてくるサイト」
を、新たに作成し、検索結果で「悪評の書かれたサイト」よりも上に表示されるようにする、という物です。
「逆SEO」方法は上記以外にもいくつもありますが、ケースバイケースで、起こっている現象にあわせて、手法を組み合わせ行っていくことになります。

“逆SEOの手法など” への1件のコメント

  1. より:

    逆SEOて検索エンジンに除外申請とかできるんでしょうか

コメントをどうぞ