逆SEOと中傷サイトの影響


皆さんお久しぶりです

本日の逆SEO対策について解説は逆SEOと中傷サイトの影響なので逆SEOと中傷サイトの影響などを説明します

検索エンジン、ブログ、掲示板、SNSなどのインターネットメディアの普及と共に
様々な人が簡単にインターネットメディアにアクセスすることが可能となりました。
インターネットメディアは便利ではある一方で、必ずしも情報の精度が高くはない
メディアも多く存在しておりますが、その事実か否かが分からない情報を、事実と
捉え、風評被害が拡散してしまうことがあります。
特に、企業や企業が提供するサービス名において、そのような風評被害が発生することは
企業名のイメージダウン/新規営業の機会損失/取引先への信用低下/人材採用への悪影響/株価の低下 など
デメリットが大きく発生することがあり好ましいことではありません。

そこで出てくるのが逆SEOです。

通常のSEOが、上位表示を希望する該当のサイトを検索エンジン結果で
順位表示化させていくものですが、
逆SEO対策とは、検索エンジン結果で順位を下げたいサイトを下げていく施策になります。
主に、順位を下げたいサイトというのは、誹謗中傷的な内容の記載があるサイトです。
この類のサイトを、検索エンジン結果の2ページ目以降に押し下げることにより、
検索エンジンを利用する人の目に触れること及び内容の閲覧の防止を図ります。

当然ですが逆SEOだけでは記事は消えないので一時的なイメージダウンを止める段といえるかもしれません

 

“逆SEOと中傷サイトの影響” への1件のコメント

  1. 22 より:

    逆SEOだけでは中傷サイトなどは下がるだけなんですね

コメントをどうぞ