逆SEOなどのことについて


どうもお久しぶりですね

本日の逆SEO対策について解説は逆SEOなどのことについて話します

会社やサービスをインターネットで検索すると、その会社の作った紹介ページの下に風評被害や誹謗中傷のページが掲載されていることがよくああります。そんな情報がある会社と取引したいでしょうか、サービスを利用したいでしょうか。たいていの人は「大丈夫なのか?」と、利用を控えようと思うのではないでしょうか。このような、企業にとってマイナスな情報が人目につかないように検索順位を落とすのが逆SEOですね。個人でもブログや掲示板などを利用して情報の発信が行える時代ですし、インターネットを活用して情報収集をするのは常識です。「評判」、「口コミ」、「評価」などが検索候補にのぼるくらい多くの人が、このようなキーワードを入力しているのです。
昔から、火のないところに煙はたたないと言われています。しかし、その評判やクチコミが真実なのか虚偽なのかは関係ありません。みなさん、失敗や損をしたくないので、悪い情報が書かれている企業とは関わりたくありません。商品も買いたくありません。私も「○○株式会社は詐欺だ」と書かれた記事を見つけてしまったら、まず警戒しちゃいますし、出来る事ならば関わりたくありません。
もし風評被害を受けているとしたら、企業は信用・ブランドを失い売上が激減していしまいます。自分たちではどうしようもない時には、逆SEOビジネスというか風評被害対策を行ってくれる会社がありますので利用されてはいかがでしょうか。悪口の検索候補が他のものに切り替わるように検索回数を増やしたり、好意的な文章を書いたページで上位表示、記事を書いている運営者に削除交渉を行ってくれます。

 

“逆SEOなどのことについて” への1件のコメント

  1. より:

    逆SEOは信用・ブランドが下がっていくのを止めのを一番に考えているんですか

コメントをどうぞ