逆SEOと風評被害対策


ご無沙汰しています、今日は逆SEOと風評被害対策などを紹介していきましょうか

昨今、匿名投稿が常識化し、逆恨みや軽いいたずらで特定の個人や企業、サービスに対する悪評や誹謗中傷の書き込み、掲示板が横行するようになってきています。
また厄介なのは、そういった書き込みサイトや掲示板は“公共性の高いサービス”として検索エンジンに認識されることが多く、そのためにYahoo!やGoogleなどの大手検索エンジンの検索結果でも上位に表示されてしまうのです。
これによる企業価値の低下は甚大で、大企業といえどもそれにより被る損害は無視できないほど大きく、事業基盤を揺るがすケースも増えてきております。
逆SEOではこれらの悪意の記事URLやサイトの検索結果ランクを下位に追いやることで、企業の必要以上のイメージダウンを防ぐことができます。
Yahooによる検索結果
Googleによる検索結果

風評被害対策を事前に行うというのも必要ですが、キーワードで別のものを上位に持ってくるというのもあるんですよね。

なので逆SEOは検索結果で出てくる関連キーワードなどを知りそこから改めて別の対策を行うために使う方法もあるんですよ。

 

“逆SEOと風評被害対策” への1件のコメント

  1. 22 より:

    逆SEOは次の対策にも使えるんですか

コメントをどうぞ