逆SEOと代用サイト


どうもこんにちは

今日の逆SEO対策について解説は逆SEOと代用サイトというわけで、逆SEOと代用サイトなどを紹介していきますね

通常のSEO対策対策が、上位表示を希望する該当のサイトを検索エンジン結果で
順位表示化させていくものですが、
逆SEO対策とは、検索エンジン結果で順位を下げたいサイトを下げていく施策になります。主に、順位を下げたいサイトというのは、誹謗中傷的な内容の記載があるサイトです。この類のサイトを、検索エンジン結果の2ページ目以降に押し下げることにより、
検索エンジンを利用する人の目に触れること及び内容の閲覧の防止を図ります。

この時に使うのが代用サイトです、例えば自社の商品紹介や関連記事が載っているサイトを持ってくるといった感じですね

逆SEO自体は中傷サイトを下げているだけなのでサイトを探せば見つかってしまうものです

とはいえ大体の人は5ページ以降見るというのはないので中傷サイトによるイメージダウンの割合を考えて行うのがいいと思いますね

あとはリスク回避として逆SEOを行う前に中傷サイトなどが出たら即時に対応できるようにしておくこともいいとおもいます。

 

“逆SEOと代用サイト” への1件のコメント

  1. より:

    逆SEOて損失などを考えてどのくらい行うのか決める方がいいんですか

コメントをどうぞ