逆SEOとレピュテーション・マネジメント


お久しぶりです

今日は逆SEOとレピュテーション・マネジメントなどを話していきたいと思います

「レピュテーション・マネジメント」とは、ひとことで言えば、企業(組織)に対する好ましい評判やイメージを構築・維持するための活動。
したがって、「企業ブランド」の構築・維持を目的とするものと言い換えてもいいでしょう。
レピュテーション・マネジメントには、大別すれば、「攻め」と「守り」があります。
「攻め」のレピュテーション・マネジメントは、積極的に情報発信を行うことによって企業の評判を形成していくものです。
広報的なアプローチとしては、プレスリリースを流し、メディアに記事や番組として取り上げもらうことですね。これからは、公式アカウントのブログ、ツイッターや、フェイスブックページを通じてのメッセージ発信、一般消費者とのコミュニーションもますます重要になってくるでしょう。
また、広告的なアプローチは、企業広告を出して、一般消費者や関係者に好意的なイメージを形成してもらういった活動が該当します。
一方、「守り」のレピュテーションマネジメントは、誹謗中傷、根も葉もない噂などの風評・悪評対策です。
新聞、雑誌などの既存のマスメディアに対しては、正確な情報の提供、謝罪・訂正文の掲載依頼、あるいは究極的には訴訟に持ち込むといった手段が採用されてきています。悩ましいのはオンラインです。既存の媒体企業等が運用しているオンライン・メディアであれば、従来のやり方で対応できます。
しかし、悪意を持つ人が運営するWebサイトやブログ、また、オープンな場(ツイッターなど)で消費者が流し、広まった情報に対しては、従来のやり方はあまり有効ではありません。多くの場合、訂正や削除依頼を出す相手が不明であったり、あるいは既に情報が拡散しすぎていて手がつけられないからです。
とはいえ、放置しておくわけにはいきませんよね。私たちは、商品を購入するとき、就職・転職先を探すとき、株・債権を購入するときなどあらゆる状況において、まず検索エンジンを用いて当該企業の情報を詳細に調べるようになってきています。
この時、悪口やネガティブな噂が上位にずらりと並んだとしたら・・・
たとえ、それらが、明らかな悪意を持って流された情報だとしても、それらを閲覧した人としては、当該企業に対するイメージがダウンせざるを得ないでしょう。

逆SEOでは悪意を持つ人が運営するWebサイトやブログなどを一時的に検索ページから下げるということをするんですが、これは一時的なものでサイト自体は残っています。

なのであくまで企業のイメージ低下を防ぐ緊急なものなのでそういうところを理解して行う方がいいと思いますね。

また逆SEOを行う前でもキーワードを予想しておくことで悪意を持つ人が運営するWebサイトやブログを上位に持ってこないということもある程度はできるのでそういうのも日ごろから行うことも大事ですね。

 

“逆SEOとレピュテーション・マネジメント” への1件のコメント

  1. 11 より:

    逆SEOて企業広告とかでもできるんですか

コメントをどうぞ