逆SEOの必要性


お久しぶりです

今日のブログは逆SEOの必要性を説明していこうと思います

逆SEOとは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで狙ったサイトの順位を下げるためのサービスです。
インターネットでの評判管理や風評被害対策のために、誹謗中傷をされたサイトを目立たなくすることを目的として使われます。
具体的には、キーワードに関連した良質なコンテンツを追加で作成してそれらを上位に表示させることで、問題あるサイトの順位を相対的に下げるというものです。
たとえば風評被害の事例として多いのが、社名で検索したときに、問題のある書き込みがされたブログや掲示板がたくさん上位に表示されてしまうというような状況があります。
このような状況ですと、商品を買おうかと思って検索してきた人が問題あるブログや掲示板を読んでしまい、 買うのをやめてしまう、ブランドへのイメージが悪くなるといったデメリットが発生しています。
そのほかにも、社名で検索したときに「社名」+「詐欺」、「社名」+「倒産」などのマイナスイメージのある単語が、検索結果最上部に関連検索として表示されてしまうという問題もあります。
誹謗中傷の書き込みなどを放置しておくと、それを読んだ人がさらにほかのブログ、掲示板、SNSなどに似たような情報を書いてしまうという悪循環が起こってしまう可能性がありますので注意が必要です。企業が風評被害でリスクを負うというのを避けるためには逆SEOを使いキーワードに関連した中傷サイトなどを上位にあげない、その逆でキーワードに関連した良質なサイトなどをあげることで自社のブランドへのイメージを下げないようにするというのが企業の風評被害対策として必要になってきていますね

 

“逆SEOの必要性” への1件のコメント

  1. 67 より:

    逆SEOの方法て複数あるんですか

コメントをどうぞ