逆SEOと標的URLの検索順位


お久しぶりですね

今回の逆SEO対策について解説は逆SEOと標的URLの検索順位なんで逆SEOと標的URLの検索順位のことを話します

「逆SEO対策」という言葉を聞いた事がある方は多いと思います。
「逆」という文字がついているくらいですから、意味は「SEO対策の逆」を想像してもらえたらと思います。
標的URLの検索順位を上げて上位表示(10位内表示)や1位表示を達成するのがSEO対策だとすれば、標的URLの検索順位を検索圏外(11位以下、2ページ目以降)まで落として下位表示を達成するのが逆SEO対策だといえます。
標的URLの順位を上げるのがSEO対策で、順位を下げるのが「逆SEO対策」と考えて頂ければ間違いないです。
さて、逆SEO対策ですが、実際にはどうやってターゲットキーワードで標的URLの順位を下げるのでしょうか?
逆SEO対策では、ターゲットキーワードで検索した時に、標的URL以外で上位に表示される他のURL群に外部SEO対策(外部リンク対策,被リンク対策)を施す事で、標的URLの順位を下げます。
外部SEO対策により、他のURL群のSEOスコアが標的URLを上回れば、他のURL群は標的URLよりも上位に表示されます。
その結果として標的URLの検索順位は下がります。
これが逆SEO対策と呼ばれるものです。
逆SEO対策では標的URLに直接外部SEO対策を施して順位を落とすわけではありません。
標的URLに直接外部SEO対策(被リンク対策・バックリンク対策)を施してしまうと、逆にその標的URLを更に強化してしまう結果となりますので、標的URLには間違っても被リンクは浴びせません。
被リンクを浴びせるのは、標的URL以外で上位にランクしているURL群です。
通常の外部SEO対策では被リンクの付け方が悪いと順位が短期的に落ちたり上がらなくなる事もありますが、これを順位を落としたい標的URLに用いる事は通常しません。
なぜかといえば、上手くいけば確かに短期的には標的URLの検索順位は落ちますが、中期や長期的には標的URLのSEOスコアが更にアップして強化されてしまう可能性が高いからです。
被リンクの付け方が悪いと標的URLは一時的にはペナルティを受けて検索圏外まで順位は落ちます。
しかし、その被リンクによるペナルティ(SEOスコア減点)はたいていは短期的・一時的なものです。
ある程度時間が経過するとペナルティの自動解除により失っていたSEOスコア(減点分のSEOスコア)は回復してしまいます。
中期や長期でみると逆SEO対策により新たに追加された被リンク分だけ標的URLのSEOスコアは元よりもアップしてしまうのが普通です。
ですので逆SEO対策を行うにあたっては、SEOを知っているSEO対策者であれば、間違っても標的URL自体に順位を落とすための被リンク対策を施したりはしません。
標的URLに負の被リンク対策を施して「被リンクに起因するペナルティ」を誘発し検索順位を落とせるのは短期間です。

 

年間300件以上の逆SEO対策実績の専門会社はコチラ
reverse-seo.adc-system.jp

 

 

コメントをどうぞ