逆SEOとは?ページ順位を下げる方法や手段を解説


お久しぶりです

今回の逆SEO対策について解説は逆SEOとは?ページ順位を下げる方法や手段を解説なんで逆SEOとは?ページ順位を下げる方法や手段を解説のことを見ていきます

逆SEOとは、言葉通り、SEOの「逆」で、特定のページを検索結果から除外させる、もしくは、著しく、表示順位を下げる手法の事を意味しています。

なぜ、ページの検索結果を下げる様な「逆SEO」が出てきたのか

逆SEOは、特定の個人や、企業に対して、言い掛かり的な悪評などを掲載している、有害サイトや誹謗中傷サイトを、検索エンジンから除外したいという需要から、発生しました。

例えば、AB社という会社が「ABC商品」という商品を販売していたとします。
その「ABC商品」が、Fさんに、言いがかりをつけられて、「ABC商品」の悪評を、Fさんのブログに書かれたりした場合、AB社はこの悪評が書かれているFさんのブログ記事を、検索結果から出てこないようにしたい、と思いますよね。

この様な需要から生まれた逆SEOです。

方法としては

検索エンジン(google)へ、除外してもらうように申請する

こちらは、googleなどの検索エンジンを提供している会社へ、悪評が掲載されているサイトを「有害なサイト」として申請するものです。こちらで申請が通れば、悪評を掲載しているサイトを検索結果から除外する事ができます。

ただし、AB社の「ABC商品」が風評被害に合った場合の例を、上記で記載しましたが、本当に「ABC商品」が「あまり良い商品ではなく」、ブログに書かれた「ABC商品」への悪評も、「ちゃんとしたユーザーの評価」として認められれば、申請しても除外されたり、順位が下がったりするような事にはならず、申請が却下される可能性はあります。

しかしこれで除外されることがない可能性もあるのでサイトを作成してあげていく必要も出てきます

コメントをどうぞ