マイナスの検索結果と逆SEO


どうもこんにちは

本日の逆SEO対策について解説はマイナスの検索結果と逆SEOというわけでマイナスの検索結果と逆SEOについて話します

あなたの商品を購入しようかと検討している潜在顧客や、新規の取引を検討している取引先候補などが、そのような重要な意思決定をするとき、検索エンジンであなたの「会社名」や「商品名」「サービス名」を検索して調べています。
しかし、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、会社名や商品名・サービス名、あるいは特定の個人名で検索すると…
批判的なサイトや誹謗中傷ブログ、悪質な書き込みがされた掲示板・2ch等、マイナスの検索結果が上位に表示されてしまって困っていませんか?
マイナスの検索結果がユーザーの目に入ると、商品購入をためらったり、企業イメージに傷がついたりして、営業の機会損失や信用面で、深刻な風評被害を受けることになります。それだけでなく、貴社の社員や採用応募者、取引先企業などもこの検索結果を目にします。放置していると、多方面で予期せぬ悪影響を及ぼしてしまいます。
逆SEO対策により、Yahoo!やGoogle等の検索結果において、「マイナスの検索結果」の表示順位を押し下げます。
誹謗中傷や悪質な書き込み等がされたサイトやブログ(Blog)、掲示板、2ちゃんねる(2ch)を目に触れにくくして、貴社の信用と利益を守ります。

 

コメントをどうぞ