逆SEO対策の是非


逆SEOとは、キーワード検索した際に表示されるネガティブな検索結果を上位表示させない手法と一般的に言われています。このように定義づけされると「見られるとマズイものを見えないようにする」ということで、なんとなく後ろめたいイメージです。しかし、「企業名」などで検索された際の検索結果1ページ目の自社関連サイトで独占したいと考えることは、検索エンジンマーケティングの手法として有意義だと思います。また、匿名掲示板などを利用して嫌がらせ目的の誹謗中傷投稿記事などが検索結果の上位に表示された場合などは、緊急性の観点から逆SEO対策は必要なリスクマネジメントだと思います。しかし、ヤラセ記事などステマに逆SEOの手法を用いるとなると、これは問題でしょうね。また、意図的に事実に基づかない悪評記事を書いて、悪評サイトを検索結果の上位表示をさせてダメージを与える行為も不正な違反行為です。このブログでは逆SEOの正しい使い方について解説していきますね。

“逆SEO対策の是非” への1件のコメント

  1. 鈴木 より:

    逆SEOは必要だと思いますよ。正しい使い方でね。

コメントをどうぞ