ヤフーなどの検索ワードと逆SEO


お久しぶりです

今回の逆SEO対策について解説はヤフーなどの検索ワードと逆SEOというわけでヤフーなどの検索ワードと逆SEOのことを紹介していきます

 

yahoo等で検索した際結果の上部・下部に表示される関連ワード(Yahoo!であれば「虫眼鏡」、Googleであれば「他のキーワード」)に「ブラック」「詐欺」「悪徳」などのマイナスイメージとなるワードが表示されてしまう。
一度表示されてしまうと、クリックされ続けてしまい、いつまでも残ってしまうと言われています。ユーザーが自由に投稿できるブログや掲示板、質問サイトに悪評が掲載され、検索結果に表示されてしまう。
厄介な事にこれらは上位に出てきやすいと報告されています。
たかが誹謗中傷被害と侮ってはいけません。
弊社が20~50代の男女700名を対象に実施したアンケートで実に82%の人が初めての会社・お店は検索エンジンでリサーチしてから訪問するというデータが出ています。検索エンジン結果は広告で一番力をいれなければいけないと言っても過言ではありません

逆SEO対策などが検索順位を変えることが多少あることもあり、特に販売系の会社は注意したほうがいいですね

 

コメントをどうぞ