逆SEOというものを改めてみてみる


ご無沙汰しています

本日の逆SEO対策について解説は逆SEOというものを改めてみてみることにしますね

最近「逆SEO」というのを書いていますが「逆」という言葉が付くわけですから、当然「SEOの反対」ということになるわけです。
SEOとは、あるウェブサイトについて、グーグルやヤフーの検索結果が、上位になるように対策を施すことです。検索順位が上位になればなるほど、そのサイトは人目にふれることになります。ですから検索順位をどうしたら上げられるかということは、企業や個人がウェブサイトを運営する上で、非常に大事な問題となるのですね。
それに対して逆SEO対策とは、あるサイトの検索順位を下げることを目的に、対策を施すということです。背景には、ネット上の誹謗中傷による風評被害の深刻化ということがあります。
インターネットでは誰でもが手軽に発信ができるようになったことから、良質的な情報だけでなく、悪意を持った人による特定の企業や個人に対する誹謗中傷の情報も、数多く発信されるようになっています。
自分の会社名や個人名を検索したときに、誹謗中傷サイトが検索順位の上位を占めるようになってしまっては、それが多くの人の目にふれることになってしまいます。誹謗中傷サイトの検索順位を下げることを目的に対策を施すことを、逆SEO対策というのです。

 

コメントをどうぞ