逆SEOと情報の広まりなど


こんにちは

本日の逆SEO対策について解説は逆SEOと情報の広まりなどですので逆SEOと情報の広まりなどを語ります

 

検索エンジン、ブログ、掲示板、SNSなどのインターネットメディアの普及と共に
様々な人が簡単にインターネットメディアにアクセスすることが可能となりました。

インターネットメディアは便利ではある一方で、必ずしも情報の精度が高くはない
メディアも多く存在しておりますが、その事実か否かが分からない情報を、事実と
捉え、風評被害が拡散してしまうことがあります。

特に、企業や企業が提供するサービス名において、そのような風評被害が発生することは
企業名のイメージダウン/新規営業の機会損失/取引先への信用低下/人材採用への悪影響/株価の低下 など
デメリットが大きく発生することがあり好ましいことではありません。

通常のSEO対策が、上位表示を希望する該当のサイトを検索エンジン結果で
順位表示化させていくものですが、
逆SEO対策とは、検索エンジン結果で順位を下げたいサイトを下げていく施策になります。

主に、順位を下げたいサイトというのは、誹謗中傷的な内容の記載があるサイトです。

この類のサイトを、検索エンジン結果の2ページ目以降に押し下げることにより、
検索エンジンを利用する人の目に触れること及び内容の閲覧の防止を図ります。

 

逆SEOの方法など


皆さんどうもこんにちは

今日の逆SEO対策について解説は逆SEOの方法などを語ります

逆SEO対策とは、言葉通り、SEOの「逆」で、特定のページを検索結果から除外させる、もしくは、著しく、表示順位を下げる手法の事を意味しています。逆SEOは、特定の個人や、企業に対して、言い掛かり的な悪評などを掲載している、有害サイトや誹謗中傷サイトを、検索エンジンから除外したいという需要から、発生しました。

例えば、AB社という会社が「ABC商品」という商品を販売していたとします。
その「ABC商品」が、Fさんに、言いがかりをつけられて、「ABC商品」の悪評を、Fさんのブログに書かれたりした場合、AB社はこの悪評が書かれているFさんのブログ記事を、検索結果から出てこないようにしたい、と思いますよね。

この様な需要から生まれた逆SEOです。逆SEOの方法の一例ですが、例えば、下記の様なやり方があります。
こちらは、googleなどの検索エンジンを提供している会社へ、悪評が掲載されているサイトを「有害なサイト」として申請するものです。こちらで申請が通れば、悪評を掲載しているサイトを検索結果から除外する事ができます。

ただし、AB社の「ABC商品」が風評被害に合った場合の例を、上記で記載しましたが、本当に「ABC商品」が「あまり良い商品ではなく」、ブログに書かれた「ABC商品」への悪評も、「ちゃんとしたユーザーの評価」として認められれば、申請しても除外されたり、順位が下がったりするような事にはならず、申請が却下される可能性はあります。

あくまで、このような申請の制度により、検索結果から除外する方法は、申請が「真っ当」で、「正当性がある」場合に可能な方法となります。
関連するページを量産して、検索除外したい対象のサイトの順位を下げる

「A」というキーワードで検索すると、「悪評の書かれたサイト」が1番にでてくる場合、
「「A」というキーワードで検索すると検索結果にでてくるサイト」

を、新たに作成し、検索結果で「悪評の書かれたサイト」よりも上に表示されるようにする、という物です。

「逆SEO」方法は上記以外にもいくつもありますが、ケースバイケースで、起こっている現象にあわせて、手法を組み合わせ行っていくことになります。

逆SEOとサイトの用意


こんにちは

今日の逆SEO対策について解説は逆SEOとサイトの用意なので逆SEOとサイトの用意のことなどを説明します

 

最近では、インターネットの匿名性を利用し、企業様を誹謗中傷する内容の掲示板への書き込み、ブログの記事などによる風評被害が後を絶ちません。そこでそのような言われも無い誹謗中傷に晒されている企業様の被害を最小限に食い止めるため、逆SEO対策を駆使して誹謗中傷サイトを下げていきます。風評サイトを下げる為には、通常10〜15サイトを風評サイトより上位表示させなければなりません。そこで上位表示しやすいオリジナルサイトを多数作成していきます。施策方法は、ユーザーに閲覧されても問題のないWEBページを上位表示させることにより、相対的に誹謗中傷のWEBページを下位に落とします。誹謗中傷サイトよりも下位にあるサイトの中から適切なサイトを選び、それらのサイトを上位ヒットさせ、風評サイトを下げていきます。もし、上位ヒットさせるサイトが少ない場合は、いくつかサイトを制作し、それらのサイトにSEO対策をします。検索結果2ページ目まで閲覧するユーザーは全体の1%未満と言われていますので、11位以下まで順位を押し下げることができれば、ユーザーの目にはほとんどとまることはありません。

ヤフーなどの検索ワードと逆SEO


お久しぶりです

今回の逆SEO対策について解説はヤフーなどの検索ワードと逆SEOというわけでヤフーなどの検索ワードと逆SEOのことを紹介していきます

 

yahoo等で検索した際結果の上部・下部に表示される関連ワード(Yahoo!であれば「虫眼鏡」、Googleであれば「他のキーワード」)に「ブラック」「詐欺」「悪徳」などのマイナスイメージとなるワードが表示されてしまう。
一度表示されてしまうと、クリックされ続けてしまい、いつまでも残ってしまうと言われています。ユーザーが自由に投稿できるブログや掲示板、質問サイトに悪評が掲載され、検索結果に表示されてしまう。
厄介な事にこれらは上位に出てきやすいと報告されています。
たかが誹謗中傷被害と侮ってはいけません。
弊社が20~50代の男女700名を対象に実施したアンケートで実に82%の人が初めての会社・お店は検索エンジンでリサーチしてから訪問するというデータが出ています。検索エンジン結果は広告で一番力をいれなければいけないと言っても過言ではありません

逆SEO対策などが検索順位を変えることが多少あることもあり、特に販売系の会社は注意したほうがいいですね

 

逆SEOのことなど


こんにちは

本日の逆SEO対策について解説は逆SEOのことを改めてみることにしますね

逆SEO対策
YahooやGoogleなどの検索エンジンで、社名で検索したときに、上位ヒットしてくる誹謗中傷サイトを、11位下に押し下げるSEO対策のサービスです。

逆SEOの方法

施策方法は、誹謗中傷サイトよりも下位にあるサイトの中から適切なサイトを選び、それらのサイトを上位ヒットさせ、風評サイトを下げていきます。

もし、上位ヒットさせるサイトが少ない場合は、いくつかサイトを制作し、それらのサイトにSEO対策をします。

又、ブログやQ&A型掲示板(教えてgoo,Yahoo!知恵袋等)の場合は、別の方法によって対策します。

風評サイトを下げる為には、通常5〜10サイトを風評サイトより上位表示させなければなりません。その為には10〜30のサイトやブログを作る必要があります。そのため上位表示しやすいオリジナルサイトを多数作成していきます。

 

 

逆SEOというものを改めてみてみる


ご無沙汰しています

本日の逆SEO対策について解説は逆SEOというものを改めてみてみることにしますね

最近「逆SEO」というのを書いていますが「逆」という言葉が付くわけですから、当然「SEOの反対」ということになるわけです。
SEOとは、あるウェブサイトについて、グーグルやヤフーの検索結果が、上位になるように対策を施すことです。検索順位が上位になればなるほど、そのサイトは人目にふれることになります。ですから検索順位をどうしたら上げられるかということは、企業や個人がウェブサイトを運営する上で、非常に大事な問題となるのですね。
それに対して逆SEO対策とは、あるサイトの検索順位を下げることを目的に、対策を施すということです。背景には、ネット上の誹謗中傷による風評被害の深刻化ということがあります。
インターネットでは誰でもが手軽に発信ができるようになったことから、良質的な情報だけでなく、悪意を持った人による特定の企業や個人に対する誹謗中傷の情報も、数多く発信されるようになっています。
自分の会社名や個人名を検索したときに、誹謗中傷サイトが検索順位の上位を占めるようになってしまっては、それが多くの人の目にふれることになってしまいます。誹謗中傷サイトの検索順位を下げることを目的に対策を施すことを、逆SEO対策というのです。

 

逆SEOと自社サイトの有効活用


皆さんお久しぶりです

今回の逆SEO対策について解説は逆SEOと自社サイトの有効活用なので逆SEOと自社サイトの有効活用などを見ていきます

インターネットの普及により、個人でもブログや掲示板などを使って、簡単に情報発信できるようになりました。これに比例して多くの人が、商品・サービスや企業に対し、その価値を判断する材料として「口コミ記事」や「書き込み」を重視するようになりました。
一方、このように影響力を持つようになった口コミや書き込みが、悪意をもった人物に利用される被害も発生しています。
企業や個人、商品を誹謗中傷する書き込みが検索結果に表示されたり、ネガティブワードが関連検索ワードに表示されたりして、企業や個人、商品の信頼・評判が損なわれ、大切なブランドに傷がつくなど、大きな被害を受けてしまうのです。
今や検索エンジンの利用者は人口の9割以上にも達しており、検索結果は、多くのステークホルダーに与える印象を左右します。ネガティブな検索結果や関連検索ワードを放置すれば、その風評被害はさまざまな方面へ拡大してしまいます。

逆SEOの場合口コミや書き込みがあるサイトを下げるのですが直接下げることはできません。

該当する検索ワードに引っ掻る場合にサイトの位置を間接的に5ページ以降などにしておくことです。

そのためには自社のサイトを上位にあげる質のサイトがなければならないのですが、少なくとも多少の商品の信頼・評判が下がることを避けられると思います。

逆SEOと問題のページを下げるには


皆さんこんにちは

本日の逆SEO対策について解説は逆SEOと問題のページを下げるにはなので逆SEOと問題のページを下げるにはを語りますね

会社やお店のサービスが、ネット上で誹謗中傷されていることが増えています。 根拠のないデマなどを書きこまれた場合、該当サイトには削除要請などを行いましょう。 悪評が広がると、イメージダウンにより、信用低下・業績悪化に繋がる可能性もあります。 ただし、サイトの種類によっては、裁判による強制削除命令が必要な場合や、削除判断が難しいケースも多々あります。
そこで、逆SEOが役立ちます。
逆SEO対策は根拠のない悪質な悪評サイトや誹謗中傷ページを、相対的に検索順位の下位に落とすことを行います。
誹謗中傷を見つけ次第検索エンジン対策技術を応用して直ちに逆SEOを行うサービスです。
問題サイトの排除は、別に作成したサイトが問題ページよりも検索エンジンのアルゴリズムから高い評価を得ることで可能となります。

 

逆SEOと企業の誹謗中傷など


皆さんお久しぶりです

今回の逆SEO対策について解説は逆SEOと企業の誹謗中傷などということで逆SEOと企業の誹謗中傷などを話します

最近では、インターネットの匿名性を利用し、企業様を誹謗中傷する内容の掲示板への書き込み、ブログの記事などによる風評被害のご相談が後を絶ちません。そこでそのような言われも無い誹謗中傷に晒されている企業様の被害を最小限に食い止めるため、逆SEOを行います。

風評サイトを下げる為には、通常10〜15サイトを風評サイトより上位表示させなければなりません。そこで上位表示しやすいオリジナルサイトを多数作成していきます。施策方法は、ユーザーに閲覧されても問題のないWEBページを上位表示させることにより、相対的に誹謗中傷のWEBページを下位に落とします。誹謗中傷サイトよりも下位にあるサイトの中から適切なサイトを選び、それらのサイトを上位ヒットさせ、風評サイトを下げていきます。もし、上位ヒットさせるサイトが少ない場合は、いくつかサイトを制作し、それらのサイトにSEO対策をします。検索結果2ページ目まで閲覧するユーザーは全体の1%未満と言われていますので、11位以下まで順位を押し下げることができれば、ユーザーの目にはほとんどとまることはありません。
YahooやGoogleなどの検索エンジンで、社名で検索したときに、上位ヒットしてくる誹謗中傷サイトを、11以下に押し下げるのがSEO対策です。逆SEOには、いくつかのメリットがあります。新規顧客との営業機会損失を防ぎます。ブランドイメージを回復させます。求人や代理店募集、株主総会の前などの、イメージダウンを防ぎます。PRサイトを上位ヒットさせることによって、売り上げアップにつながりやすくなります。

とはいえ誹謗中傷サイトを下げているだけなので根本的な解決にならないということだけは注意してください。

 

逆SEOでの損失防止など


どうもこんにちは

本日の逆SEO対策について解説は逆SEOでの損失防止などを話そうと思います

社名で検索した際、検索結果の1ページ目にネガティブな内容の掲示板やブログが表示されることがありませんか?
社名やサービス名、商品名などブランドキーワードでの検索結果にネガティブサイトが含まれてしまうことは企業のブランド価値を低下させるだけではなく、顧客や取引先、ユーザーからの信頼を失い、売上の減少などにもつながる恐れがあります。

またYahooやGoogleで個人名や会社名で検索した結果ページに、ネガティブなサイトが上位表示されている状態なので、残り続けるとその分だけ損失がどんどん大きくなります。

逆SEO対策は従来のSEOの発想とは異なり、検索結果に表示されるネガティブなサイトを2ページ目以降に落とし、ポジティブなページのみが表示されるようにします。

また逆SEOでは指定の検索キーワードの検索結果上から非表示にすることも可能です。

とはいえやはり元のサイトを落とすだけだといずれまた上位に上がる可能性があるので削除をしていくことが賢明です。