インターネットと逆SEOのこと


どうも皆さんこんにちは

本日の逆SEO対策について解説はインターネットと逆SEOのことなんでインターネットと逆SEOのことについて説明しましょうか

近年、インターネット及び携帯の掲示板やブログなどで、特定の企業などがその営業行為、商品、サービスなどについて誹謗中傷を受け、企業イメージなどが損なわれるという風評被害が多発しています。
インターネットの風評被害は、企業の顧客が閲覧する可能性があり、その企業の商品購入やサービスの利用中止、または、金融機関が閲覧し、融資を差し控えることも考えられます。
こうした、情報の発信が企業やメディアだけでは無く、顧客、社員、会社関係者からも容易に行えます。
また、インターネットの風評被害に対する対策を間違えるとさらなる被害へと誘発し、事態の収拾がつかない状態へと広がる可能性があります。
インターネット時代の本格化により、誹謗中傷などの風評被害以外にも新たなリスクも数多く発生しており、逆SEO対策などが必要になってきています。

また最近だと掲示板以外でも

●メールマガジン  ●企業・個人HP、ブログ ●SNS
●新聞系・TV系・ポータルサイト系ニュース●学校裏サイト ●その他

などといったところでも誹謗中傷が増えているので注意がいりますね

 

 

逆SEOとネガティブ記事を下げていくには


どうもこんにちは

今日の逆SEO対策について解説は逆SEOとネガティブ記事を下げていくにはなので逆SEOとネガティブ記事を下げていくにはなどを語りますね

YahooやGoogleで個人名や会社名で検索した結果ページに、ネガティブなサイトが上位表示されている状態です。このままではマイナスイメージに繋がりかねません。

最近特に多いのが
同業者からネガティブイメージを匿名で発信されている
ハードクレーマーが掲示板で書いた情報が上位検索されて困っている
掲示板管理者にクレームを入れてもネガティブ情報を消してくれない

です。私自身も消費者ですから、ネットで注文したり旅館やホテルを予約したりします。その際にネットサイトの評判をみて消費の判断をします。今年の3月に旅行をした際に、あるホテルを予約しました。料金的な面と、繁忙期に空室があったため、温泉が利用できた等の理由です。
しかし、宿を確保後、冷静にそのホテルの消費者評価を見て青ざめました。5段階評価で1がついている。めったにないことです。しかも、利用者から「死んでしまえ」と書いてあった。よほどことがあったのでしょう。私は別のホテルを探し、そのホテルをキャンセルしました。逆SEO対策では、このようにネガティブな情報の検索順位を下げつつ、良質なサイトを上位表示させて貴社のイメージアップをはかれる相対的な効果があります。
Yahoo!ブログで風評の記事が出ている場合は、新たなブログを作成し、更新とseo対策によって、上位化する方法をおすすめします。
1−2個のブログが1ページ目にランクインすれば、風評ブログを1ページ目から削除する事ができます。
決して簡単な方法ではありませんが、成功率は高いといえます。

逆SEOに必要なもの


どうもお久しぶりです皆さん

今回の逆SEO対策について解説は逆SEOに必要なものなので逆SEOに必要なものを説明します

逆SEOとは、社名等で検索したとき、YahooやGoogleなどの検索10P結果に、上位ヒットしてくる風評サイトを、11以下に押し下げるサービスです。
基本的な逆SEOの方法は、風評サイトよりも下位にあるサイトの中から適切なサイトを選び、それらのサイトをSEOの技術で上位ヒットさせ、風評サイトを下げていきます。
もし、上位ヒットさせるサイトが少ない場合は、いくつかサイトを制作し対策します。
ただし、逆SEO対策の方法は、検索キーワードや表示されている風評サイトによって異なりますので、状況を詳しく診断し、削除、押し下げ、差し替え等のさまざまな方法を使います。

逆SEO対策のために検索結果の上位の風評サイトを2ページ目以降に押し下げるためには、通常15〜30程度のサイトが必要です。
上位にランクアップさせるサイトが少ないときは、逆SEO対策会社が制作をサポートします。
その際、文章や写真は用意していることになりますが、逆SEO対策会社で代行するサービスもあります。

 

逆SEOと風評被害など


皆さんこんにちは

今日の逆SEO対策について解説は逆SEOと風評被害などなんで逆SEOと風評被害などを説明しましょう

最近よく聞かれる言葉「風評被害」。人ごとだと思っていませんか?
検索エンジンが情報収集に有効なツールとして認識されている昨今、企業に興味を持つ人は、必ず検索エンジンで「企業名」を検索します。そのとき偶然、誹謗中傷サイトを目にしてしまうと、せっかく貴社に興味をもっていたユーザーが商品購入や仕事の依頼をためらってしまう恐れがあります。
また、誹謗中傷サイトをそのまま放置しておくと、それを読んだユーザーがさらに悪評を広めてしまう危険性が高く、業績悪化につながりかねません。

逆SEO対策では誹謗中傷サイト以外で上位表示されているWebページに対して、対策キーワードを含んだテキストリンクを貼り、ユーザーに閲覧されても問題のないWebページを上位表示させることにより、相対的に誹謗中傷のWebページを下位に落とします。
通常、検索結果2ページ目まで閲覧するユーザーは全体の1%未満と言われていますので、
11位以下まで順位を下げることができれば、ユーザーの目にほとんど留まることはありません。SEO対策を施したサテライトサイトを新たに作成し、上位表示させることで、誹謗中傷サイトの順位を下げます。ポジティブな内容の記事が自然と目に留まるようになり、新たな顧客の獲得につながります。また、継続的な更新による検索結果最適化を施すことで、いつ出現するかわからないネガティブサイトによる検索結果の上位表示を阻止することも可能です。

 

 

逆SEOの緊急性


皆さんご無沙汰していますね

今回の逆SEO対策について解説は逆SEOの緊急性なので逆SEOの緊急性について話します

ネットの誹謗中傷の書き込みは企業・個人に問わず非常に深刻な社会問題となっています。インターネットを広告の場とする企業の場合は急激な業績の悪化や、社員雇用への影響、個人の場合は自殺へ追い込まれるような悩みに発展していきます。またYahoo!がGoogleの検索エンジンを採用したことで、ブログ等の風評サイトが自社の直ぐ下にランキングされ困るケースが増えています。
この場合は、逆SEOを使い風評サイトと同じブログサイトを作成する方法で対策を行います。
風評ブログの更新頻度、ページランク等によって非常に難しい場合もありますが、時間をかけて登録をかさね、風評サイト以上の評価に達した場合には、差し替えが可能です。またYahoo!知恵袋等のQ&A投稿サイトに風評が出る場合は、比較的短期間に上位化し大変目立ちますので注意が必要です。逆SEO対策で重要なのは風評サイトやQ&Aなどは時間が経つ程、seo的に強くなっていくので早めの対策が必要です。

 

逆SEOと悪評の広まりなど


どうもこんにちは、本日の逆SEO対策について解説は逆SEOと悪評の広まりなどを説明します。

会社やサービスをインターネットで検索すると、その会社の作った紹介ページの下に風評被害や誹謗中傷のページが掲載されていることがよくあります。そんな情報がある会社と取引したいでしょうか、サービスを利用したいでしょうか。たいていの人は「大丈夫なのか?」と、利用を控えようと思うのではないでしょうか。このような、企業にとってマイナスな情報が人目につかないように検索順位を落とす方法が逆SEOです。

個人でもブログや掲示板などを利用して情報の発信が行える時代ですし、インターネットを活用して情報収集をするのは常識です。「評判」、「口コミ」、「評価」などが検索候補にのぼるくらい多くの人が、このようなキーワードを入力しているのです。

昔から、火のないところに煙はたたないと言われています。しかし、その評判やクチコミが真実なのか虚偽なのかは関係ありません。みなさん、失敗や損をしたくないので、悪い情報が書かれている企業とは関わりたくありません。商品も買いたくありません。私も「○○株式会社は詐欺だ」と書かれた記事を見つけてしまったら、まず警戒しちゃいますし、出来る事ならば関わりたくありません。

もし風評被害を受けているとしたら、企業は信用・ブランドを失い売上が激減していしまいます。最近では、就職活動中の学生が掲示板の「ブラック企業」という書き込みを理由に採用の辞退が続出しているケースもあるようです。

特にニュース配信された記事は、個人の悪口よりも広くマイナスの情報を流します。

逆SEOで悪評の広まりを一時的に抑えることは可能です、というよりそのための逆SEO対策ですしね。

ただ上にも書いたニュースなどに載った記事などはイメージダウンを抑えるのにはかなり困難だと思います。

 

逆SEO対策と検索エンジン登録


どうもお久しぶりですね

今回の逆SEO対策について解説は逆SEO対策と検索エンジン登録などを説明します

アクセス解析を見ていて気付いたのですが、
意外に自分のサイトを検索エンジンに登録させない方法を求めている人が多いようです。
知り合いも高校、大学との友人間の繋がりを保つためのサイトを持っていますが、確かに、外部の人間に余り知られたくない事もあるし
そういった意味では、自分のサイトを検索エンジンに載せない方法は重要です。
何せ、グーグルなどはキャッシュで半永久的にウェブサイトそのものが保管されてしまうので、
それを避けるためにも、自己防衛の策として知っておく事は大切です。

そこで役に立つのが以下の知識です。

☆クローラーに収集させない方法
<meta name=”robots” content=”noindex, nofollow”>
クローラーに対して、そのページとリンク先のページの収集を「許可しない」という指定です。

ちなみに、逆に収集を許可するには、

★クローラーのデータ収集を許可する
<meta namerobots” content=”index, follow”>

そのページとリンク先ページの自動収集を「許可する」という指定です。
まあ、特になくてもクローラーはデータ収集を行いますが、
立ち上げのサイトなどで、なるべく早くインデックスさせたい時はindexを付けておきましょう。

逆SEOでもそうですが検索に登録されているサイトを下げることもそうですが載せないようにすることも大切です。

とはいっても逆SEOでサイト自体をどうこうはできないので他の方法で順位を下げることをしていくことになりますね。

逆SEOはなぜ必要なのか


こんにちは

今日のブログは逆SEOはなぜ必要なのかということで逆SEOはなぜ必要なのかを語りましょうか

会社やサービスをインターネットで検索すると、その会社の作った紹介ページの下に風評被害や誹謗中傷のページが掲載されていることがよくある。そんな情報 がある会社と取引したいだろうか、サービスを利用したいだろうか。たいていの人は「大丈夫なのか?」と、利用を控えようと思うのではないでしょうか。この ような、企業にとってマイナスな情報が人目につかないように検索順位を落とすサービスが逆SEO対策です。個人でもブログや掲示板などを利用して情報の発信が行える時代ですし、インターネットを活用して情報収集をするのは常識です。「評判」、「口コミ」、「評価」などが検索候補にのぼるくらい多くの人が、このようなキーワードを入力しているのです。昔から、火のないところに煙はたたないと言われています。しかし、その評判やクチコミが真実なのか虚偽なのかは 関係ありません。みなさん、失敗や損をしたくないので、悪い情報が書かれている企業とは関わりたくありません。商品も買いたくありません。私も「○○株式 会社は詐欺だ」と書かれた記事を見つけてしまったら、まず警戒しちゃいますし、出来る事ならば関わりたくありません。もし風評被害を受けているとしたら、企業は信用・ブランドを失い売上が激減していしまいます。最近では、就職活動中の学生が掲示板の「ブラック企業」という書き込みを理由に採用の辞退が続出しているケースもあるようです。自分たちではどうしようもない時には、逆SEO対策というか風評被害対策を行ってくれる会社がありますので利用されてはいかがでしょうか。悪口 の検索候補が他のものに切り替わるように検索回数を増やしたり、好意的な文章を書いたページで上位表示、記事を書いている運営者に削除交渉を行ってくれま す。もちろんお金はかかりますが。とはいえ、悪口を書く人は何らかの不満を持って書き込みをしています。いいかげんな対応をされたユーザー、不満を持って退社した元社員など。会社の環境を掃除しなければ、いくらお金をかけてネットをきれいにしても次々に悪い記事を立てられてしまいます。

 

逆SEO対策を見直す


ご無沙汰していますね

今日の逆SEO対策について解説は逆SEO対策を見直すを説明していきます

インターネット上の風評被害が拡大し、大きな問題になっています。個人的誹謗中傷、同業他社のいやがらせ、内部告発、ニュース等の情報が企業イメージを大きく傷つけています。
採用応募数の減少、内定辞退等、大きな被害が出るケース
関係企業、監督官庁や金融機関等に対して、信用を大きく損ねるケース
マスコミに取り上げられて、被害が拡大するケース
社内の雰囲気が悪くなり、社員のモチベーションが大きく下がるケース

ネットの評判の管理とは、企業イメージのマネージメントであり、リスクのマネージメントでもあります。自社名やサービス名で検索して、関連検索ワードと検索結果の30位までを定期的に見てください。インターネット上の風評の監視は、自社名やサービス名で実際に検索して以下の様なサイトやブログがないか

2chサイト、2chのコピーサイトの風評
ブログサイトの風評
その他、風評サイト
教えてgoo、Yahoo!知恵袋のQ&A掲示板の風評

つまり逆SEOを行う前に定期的にこういうチェックが必要なんですよね。

逆SEOを行う際に確認していくところはしっかりしておきましょう。

逆SEOと社名の関連など


こんにちは

今日の逆SEO対策について解説は逆SEOと社名の関連などを語りましょうか

逆SEOは、インターネットでの風評被害の対策のために、会社や個人を誹謗中傷するサイトを、検索順位を下げることにより目立たなくすることを目的として行います。社名や個人名などのキーワードに関連した内容を持つ、良質なサイトを多数作り、それにより相対的に、誹謗中傷サイトの検索順位を下げるのです。
風評被害の実際の例として多いのが、社名で検索すると、会社やその会社の商品・サービスについて、問題のある記述のあるブログや掲示板が、検索の上位を占めてしまうということがあります。そうなってしまうと、その会社の商品を買おうとしていた人が、問題のあるサイトの記述を見てしまい、買うのをやめてしまうかもしれません。また会社のブランドイメージも低下することになってしまいます。
また社名で検索すると、社名+「ブラック」や、社名+「詐欺」などの、マイナスイメージのある単語が、検索結果表示ページの上部に現れてしまうということもあります。これも当然、イメージはよくありません。
誹謗中傷サイトをそのまま放置しておくと、その情報が別のサイトに転載され、風評被害が拡大してしまうということとなるのです。ですから誹謗中傷サイトが発見されたら、適切な逆SEO対策を講じなければなりません。