逆SEOの手法など


こんにちは

今日の逆SEO対策について解説は逆SEOの手法などなんで逆SEOの手法などを説明します

インターネット上で起きる、「情報漏洩」 「誹謗中傷」 「風評被害」 「荒らし・炎上」 「クレーム・苦情」 「社員・退職者の書き込み」 などにより、ネット上で大きな被害をうける企業様が増えています。
インターネット利用者が増加し、誰でも簡単に情報発信できるようになった昨今では、企業の評価がネット上の情報により左右されることが少なくありません。
ブログやSNSの拡大や発達により、悪い噂は、広まりやすい傾向があります。 ネット上への情報流通は、伝播スピードが速く、膨大な量に増殖する可能性があり、小さなきっかけで、掲示板やブログの炎上へつながることが見受けられます。予測が難しい、ネット上の動向への対策としては、ネット上の情報を常に企業とて把握しておくとともに、有事に備え、あらかじめネットリスク対策をしておくことも大切になってきています。企業のリスク情報は、検索サービスの結果ページに上位表示され、多くのユーザーにさらされることになります。ネット上での評判の管理ができていないと、せっかく築きあげた企業や商品ブランドイメージを失墜し、人事採用への悪影響や、多くの経済的な損失につながり倒産に追い込まれる恐れもあります。

逆seoの手法としては検索エンジン(google)へ、除外してもらうように申請する、関連するページを量産して、検索除外したい対象のサイトの順位を下げるなどがあります。

前者はgoogleなどの検索エンジンを提供している会社へ、悪評が掲載されているサイトを「有害なサイト」として申請するものです。こちらで申請が通れば、悪評を掲載しているサイトを検索結果から除外する事ができます。
ただし、AB社の「ABC商品」が風評被害に合った場合の例を、上記で記載しましたが、本当に「ABC商品」が「あまり良い商品ではなく」、ブログに書かれた「ABC商品」への悪評も、「ちゃんとしたユーザーの評価」として認められれば、申請しても除外されたり、順位が下がったりするような事にはならず、申請が却下される可能性はあります。
あくまで、このような申請の制度により、検索結果から除外する方法は、申請が「真っ当」で、「正当性がある」場合に可能な方法となります。後者は「A」というキーワードで検索すると、「悪評の書かれたサイト」が1番にでてくる場合、
「「A」というキーワードで検索すると検索結果にでてくるサイト」
を、新たに作成し、検索結果で「悪評の書かれたサイト」よりも上に表示されるようにする、という物です。
「逆SEO」方法は上記以外にもいくつもありますが、ケースバイケースで、起こっている現象にあわせて、手法を組み合わせ行っていくことになります。

逆SEOと中傷サイトの影響


皆さんお久しぶりです

本日の逆SEO対策について解説は逆SEOと中傷サイトの影響なので逆SEOと中傷サイトの影響などを説明します

検索エンジン、ブログ、掲示板、SNSなどのインターネットメディアの普及と共に
様々な人が簡単にインターネットメディアにアクセスすることが可能となりました。
インターネットメディアは便利ではある一方で、必ずしも情報の精度が高くはない
メディアも多く存在しておりますが、その事実か否かが分からない情報を、事実と
捉え、風評被害が拡散してしまうことがあります。
特に、企業や企業が提供するサービス名において、そのような風評被害が発生することは
企業名のイメージダウン/新規営業の機会損失/取引先への信用低下/人材採用への悪影響/株価の低下 など
デメリットが大きく発生することがあり好ましいことではありません。

そこで出てくるのが逆SEOです。

通常のSEOが、上位表示を希望する該当のサイトを検索エンジン結果で
順位表示化させていくものですが、
逆SEO対策とは、検索エンジン結果で順位を下げたいサイトを下げていく施策になります。
主に、順位を下げたいサイトというのは、誹謗中傷的な内容の記載があるサイトです。
この類のサイトを、検索エンジン結果の2ページ目以降に押し下げることにより、
検索エンジンを利用する人の目に触れること及び内容の閲覧の防止を図ります。

当然ですが逆SEOだけでは記事は消えないので一時的なイメージダウンを止める段といえるかもしれません

 

逆SEO開始までの流れ


皆さんお久しぶりです

今回の逆SEO対策について解説は逆SEO開始までの流れなんで逆SEO開始までの流れなどを説明していこうと思います

昨今、匿名投稿が常識化し、逆恨みや軽いいたずらで特定の個人や企業、サービスに対する悪評や誹謗中傷の書き込み、掲示板が横行するようになってきています。
また厄介なのは、そういった書き込みサイトや掲示板は“公共性の高いサービス”として検索エンジンに認識されることが多く、そのためにYahoo!やGoogleなどの大手検索エンジンの検索結果でも上位に表示されてしまうのです。
これによる企業価値の低下は甚大で、大企業といえどもそれにより被る損害は無視できないほど大きく、事業基盤を揺るがすケースも増えてきています。
逆SEOでは、これらの悪意の記事URLやサイトの検索結果ランクを下位に追いやることで、企業の必要以上のイメージダウンを防ぐことができます。

Yahooによる検索結果
Googleによる検索結果
2ch、ブログ、掲示板そのものの削除

開始の流れ

・該当する会社の関連キーワードを洗い出す

・対策が可能かどうか調べる

・可能であれば中傷サイトを下げるようにサイトを作る準備をする

・開始

 

逆SEO対策の方法など


皆さんお久しぶりです

今回の逆SEO対策について解説は逆SEO対策の方法などを見ていこうと思います

SEO対策とは“あるキーワード”を検索エンジン最適化して、GoogleやYahooなどの検索エンジンで上位表示をおこなうテクニックですが、「逆SEO」とは、ユーザーに閲覧してほしくないサイトの検索順位をダウンさせる対策です。具体的には、会社の悪評が書かれたサイトの検索キーワードに対して、当社が新たにサイトをたくさん作って、これらのキーワードにSEO対策をおこない上位表示させます。これにより閲覧して欲しくないサイトの検索順位を落とす手法です。
誹謗中傷が書かれたサイトの順位をダウンさせることにより、それだけ閲覧される機会が激減します。例えば会社のホームページをインターネット上で宣伝していますが、その会社の批判したサイトや2ちゃんねるに悪口が書かれたサイトなどが同じページにあったらどうでしょうか。会社の評判はガタ落ちになってしまいます。
このような悪質なサイトを逆SEO対策して表示ランクを落とすということになります。

ただこれは順位を落とすだけで記事などは残ってしまうので記事を消すためには削除申請を出さないといけないですね

 

逆SEOなどのことについて


どうもお久しぶりですね

本日の逆SEO対策について解説は逆SEOなどのことについて話します

会社やサービスをインターネットで検索すると、その会社の作った紹介ページの下に風評被害や誹謗中傷のページが掲載されていることがよくああります。そんな情報がある会社と取引したいでしょうか、サービスを利用したいでしょうか。たいていの人は「大丈夫なのか?」と、利用を控えようと思うのではないでしょうか。このような、企業にとってマイナスな情報が人目につかないように検索順位を落とすのが逆SEOですね。個人でもブログや掲示板などを利用して情報の発信が行える時代ですし、インターネットを活用して情報収集をするのは常識です。「評判」、「口コミ」、「評価」などが検索候補にのぼるくらい多くの人が、このようなキーワードを入力しているのです。
昔から、火のないところに煙はたたないと言われています。しかし、その評判やクチコミが真実なのか虚偽なのかは関係ありません。みなさん、失敗や損をしたくないので、悪い情報が書かれている企業とは関わりたくありません。商品も買いたくありません。私も「○○株式会社は詐欺だ」と書かれた記事を見つけてしまったら、まず警戒しちゃいますし、出来る事ならば関わりたくありません。
もし風評被害を受けているとしたら、企業は信用・ブランドを失い売上が激減していしまいます。自分たちではどうしようもない時には、逆SEOビジネスというか風評被害対策を行ってくれる会社がありますので利用されてはいかがでしょうか。悪口の検索候補が他のものに切り替わるように検索回数を増やしたり、好意的な文章を書いたページで上位表示、記事を書いている運営者に削除交渉を行ってくれます。

 

逆SEOと悪評がネット上に出回った場合


どうもお久しぶりです

今回の逆SEO対策について解説は逆SEOと悪評がネット上に出回った場合なんで、逆SEOと悪評がネット上に出回った場合などを話していきたいと思います

検索エンジン、ブログ、掲示板、SNSなどのインターネットメディアの普及と共に
様々な人が簡単にインターネットメディアにアクセスすることが可能となりました。
インターネットメディアは便利ではある一方で、必ずしも情報の精度が高くはない
メディアも多く存在しておりますが、その事実か否かが分からない情報を、事実と
捉え、風評被害が拡散してしまうことがあります。
特に、企業や企業が提供するサービス名において、そのような風評被害が発生することは
企業名のイメージダウン/新規営業の機会損失/取引先への信用低下/人材採用への悪影響/株価の低下 などデメリットが大きく発生することがあり好ましいことではありません。
ネットでネガティブ情報を流されているために、売上や受注及び、企業づきあいに支障が出ているケースについて、逆SEOを施すことにより、会社のサイトを上位検索で表示させ、相対的に誹謗中傷サイトを下位表示にさせる必要があります。

とはいえ逆SEOでは一時的に隠しているだけなので誹謗中傷サイトが上がればまたイメージダウンをしてしまします、なので緊急性のある場合は削除依頼も先に出しておかないといけないんですよね

 

逆SEOと風評被害対策


ご無沙汰しています、今日は逆SEOと風評被害対策などを紹介していきましょうか

昨今、匿名投稿が常識化し、逆恨みや軽いいたずらで特定の個人や企業、サービスに対する悪評や誹謗中傷の書き込み、掲示板が横行するようになってきています。
また厄介なのは、そういった書き込みサイトや掲示板は“公共性の高いサービス”として検索エンジンに認識されることが多く、そのためにYahoo!やGoogleなどの大手検索エンジンの検索結果でも上位に表示されてしまうのです。
これによる企業価値の低下は甚大で、大企業といえどもそれにより被る損害は無視できないほど大きく、事業基盤を揺るがすケースも増えてきております。
逆SEOではこれらの悪意の記事URLやサイトの検索結果ランクを下位に追いやることで、企業の必要以上のイメージダウンを防ぐことができます。
Yahooによる検索結果
Googleによる検索結果

風評被害対策を事前に行うというのも必要ですが、キーワードで別のものを上位に持ってくるというのもあるんですよね。

なので逆SEOは検索結果で出てくる関連キーワードなどを知りそこから改めて別の対策を行うために使う方法もあるんですよ。

 

逆SEOと代用サイト


どうもこんにちは

今日の逆SEO対策について解説は逆SEOと代用サイトというわけで、逆SEOと代用サイトなどを紹介していきますね

通常のSEO対策対策が、上位表示を希望する該当のサイトを検索エンジン結果で
順位表示化させていくものですが、
逆SEO対策とは、検索エンジン結果で順位を下げたいサイトを下げていく施策になります。主に、順位を下げたいサイトというのは、誹謗中傷的な内容の記載があるサイトです。この類のサイトを、検索エンジン結果の2ページ目以降に押し下げることにより、
検索エンジンを利用する人の目に触れること及び内容の閲覧の防止を図ります。

この時に使うのが代用サイトです、例えば自社の商品紹介や関連記事が載っているサイトを持ってくるといった感じですね

逆SEO自体は中傷サイトを下げているだけなのでサイトを探せば見つかってしまうものです

とはいえ大体の人は5ページ以降見るというのはないので中傷サイトによるイメージダウンの割合を考えて行うのがいいと思いますね

あとはリスク回避として逆SEOを行う前に中傷サイトなどが出たら即時に対応できるようにしておくこともいいとおもいます。

 

逆SEOとレピュテーション・マネジメント


お久しぶりです

今日は逆SEOとレピュテーション・マネジメントなどを話していきたいと思います

「レピュテーション・マネジメント」とは、ひとことで言えば、企業(組織)に対する好ましい評判やイメージを構築・維持するための活動。
したがって、「企業ブランド」の構築・維持を目的とするものと言い換えてもいいでしょう。
レピュテーション・マネジメントには、大別すれば、「攻め」と「守り」があります。
「攻め」のレピュテーション・マネジメントは、積極的に情報発信を行うことによって企業の評判を形成していくものです。
広報的なアプローチとしては、プレスリリースを流し、メディアに記事や番組として取り上げもらうことですね。これからは、公式アカウントのブログ、ツイッターや、フェイスブックページを通じてのメッセージ発信、一般消費者とのコミュニーションもますます重要になってくるでしょう。
また、広告的なアプローチは、企業広告を出して、一般消費者や関係者に好意的なイメージを形成してもらういった活動が該当します。
一方、「守り」のレピュテーションマネジメントは、誹謗中傷、根も葉もない噂などの風評・悪評対策です。
新聞、雑誌などの既存のマスメディアに対しては、正確な情報の提供、謝罪・訂正文の掲載依頼、あるいは究極的には訴訟に持ち込むといった手段が採用されてきています。悩ましいのはオンラインです。既存の媒体企業等が運用しているオンライン・メディアであれば、従来のやり方で対応できます。
しかし、悪意を持つ人が運営するWebサイトやブログ、また、オープンな場(ツイッターなど)で消費者が流し、広まった情報に対しては、従来のやり方はあまり有効ではありません。多くの場合、訂正や削除依頼を出す相手が不明であったり、あるいは既に情報が拡散しすぎていて手がつけられないからです。
とはいえ、放置しておくわけにはいきませんよね。私たちは、商品を購入するとき、就職・転職先を探すとき、株・債権を購入するときなどあらゆる状況において、まず検索エンジンを用いて当該企業の情報を詳細に調べるようになってきています。
この時、悪口やネガティブな噂が上位にずらりと並んだとしたら・・・
たとえ、それらが、明らかな悪意を持って流された情報だとしても、それらを閲覧した人としては、当該企業に対するイメージがダウンせざるを得ないでしょう。

逆SEOでは悪意を持つ人が運営するWebサイトやブログなどを一時的に検索ページから下げるということをするんですが、これは一時的なものでサイト自体は残っています。

なのであくまで企業のイメージ低下を防ぐ緊急なものなのでそういうところを理解して行う方がいいと思いますね。

また逆SEOを行う前でもキーワードを予想しておくことで悪意を持つ人が運営するWebサイトやブログを上位に持ってこないということもある程度はできるのでそういうのも日ごろから行うことも大事ですね。