逆SEOと記事をすぐに消せない場合


どうもこんにちは

本日は逆SEOと記事をすぐに消せない場合を話そうと思います

yahoo等で検索した際結果の上部・下部に表示される関連ワード(Yahoo!であれば「虫眼鏡」、Googleであれば「他のキーワード」)に「ブラック」「詐欺」「悪徳」などのマイナスイメージとなるワードが表示されてしまうことが増えています。
一度表示されてしまうと、クリックされ続けてしまい、いつまでも残ってしまうと言われています。ユーザーが自由に投稿できるブログや掲示板、質問サイトに悪評が掲載され、検索結果に表示されてしまうのです。
厄介な事にこれらは上位に出てきやすいと報告されています。
まずは個人名、企業名で検索してみてください。
気づかないうちにネットで誹謗中傷を受けていませんか?
ネットでの誹謗中傷被害は、年々増え続ける一方です。深刻なことに、個人・企業様の誹謗中傷を目的に、意図的にネガティブワードを表示させるケースも報告されています。たかが誹謗中傷被害と侮ってはいけません。
ある会社が20~50代の男女700名を対象に実施したアンケートで実に82%の人が初めての会社・お店は検索エンジンでリサーチしてから訪問するというデータが出ています。検索エンジン結果は広告で一番力をいれなければいけないと言っても過言ではありません。

逆SEOでは記事の削除を行うことはできませんが、検索エンジンで「企業名」「企業名 評判」「企業名 口コミ」などでユーザーが検索した際に、企業様の悪評などネガティブな検索結果が表示されるのを防ぐことはできます。ユーザーが自由に投稿できるブログや掲示板、質問サイトに悪評が掲載され、検索結果に表示されてしまうケースが多くなっています。企業の信用問題につながる悪評サイトを検索結果から排除することで一時的にでもイメージダウンを減らすという効果はあるんですよね。そこから回復するかは分かりませんが・・・。

 

逆SEO対策と企業の信用など


どうもこんにちは

今日は逆SEO対策と企業の信用などを説明していきましょうか

逆SEO対策とは、企業名等で検索した場合の1ページ目に表示される風評サイトを押し下げ又は削除するサービスです。
2ちゃんねる削除や逆SEO対策の難易度は、検索キーワードや表示されている風評サイトによって異なります。

またそもそも、ある日、突然、ネット風評被害に合うわけではありません。
多くの方は、1ページ目の上の方に出現してから気がつかれるのですが、50位以内を自社でご覧になれば、被害が出る前に風評サイトを発見できます。検索キーワードは、自社名だけではなく、自社名_2ch、自社名_評判、等でも検索してみて下さい。また、関連検索や入力補助枠に風評が出現した場合も、厳重な注意が必要です。

逆SEO対策などをするのもそうですが、キーワードをあらかじめ知っておかないと知らない間に風評被害にあっていたということもあります。

企業の信用が落ちるだけでなく取引している会社の方にも影響が出ることがあるので、逆SEO対策は自社だけでなく子会社やグループ会社含め全体的な問題リスクを回避するために必要だと思いますね。

 

 

逆SEOの必要性


お久しぶりです

今日のブログは逆SEOの必要性を説明していこうと思います

逆SEOとは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで狙ったサイトの順位を下げるためのサービスです。
インターネットでの評判管理や風評被害対策のために、誹謗中傷をされたサイトを目立たなくすることを目的として使われます。
具体的には、キーワードに関連した良質なコンテンツを追加で作成してそれらを上位に表示させることで、問題あるサイトの順位を相対的に下げるというものです。
たとえば風評被害の事例として多いのが、社名で検索したときに、問題のある書き込みがされたブログや掲示板がたくさん上位に表示されてしまうというような状況があります。
このような状況ですと、商品を買おうかと思って検索してきた人が問題あるブログや掲示板を読んでしまい、 買うのをやめてしまう、ブランドへのイメージが悪くなるといったデメリットが発生しています。
そのほかにも、社名で検索したときに「社名」+「詐欺」、「社名」+「倒産」などのマイナスイメージのある単語が、検索結果最上部に関連検索として表示されてしまうという問題もあります。
誹謗中傷の書き込みなどを放置しておくと、それを読んだ人がさらにほかのブログ、掲示板、SNSなどに似たような情報を書いてしまうという悪循環が起こってしまう可能性がありますので注意が必要です。企業が風評被害でリスクを負うというのを避けるためには逆SEOを使いキーワードに関連した中傷サイトなどを上位にあげない、その逆でキーワードに関連した良質なサイトなどをあげることで自社のブランドへのイメージを下げないようにするというのが企業の風評被害対策として必要になってきていますね

 

逆SEO対策の是非


逆SEOとは、キーワード検索した際に表示されるネガティブな検索結果を上位表示させない手法と一般的に言われています。このように定義づけされると「見られるとマズイものを見えないようにする」ということで、なんとなく後ろめたいイメージです。しかし、「企業名」などで検索された際の検索結果1ページ目の自社関連サイトで独占したいと考えることは、検索エンジンマーケティングの手法として有意義だと思います。また、匿名掲示板などを利用して嫌がらせ目的の誹謗中傷投稿記事などが検索結果の上位に表示された場合などは、緊急性の観点から逆SEO対策は必要なリスクマネジメントだと思います。しかし、ヤラセ記事などステマに逆SEOの手法を用いるとなると、これは問題でしょうね。また、意図的に事実に基づかない悪評記事を書いて、悪評サイトを検索結果の上位表示をさせてダメージを与える行為も不正な違反行為です。このブログでは逆SEOの正しい使い方について解説していきますね。